田舎に家を購入したよ! 都心マンションから住み替えて、田舎暮らし



中古物件をあきらめて、新築物件へ

前回の記事はこちら理想の中古住宅を諦めた理由

インスペクションを依頼したK氏にアドバイスされ、
購入予定だった中古物件をあきらめることにしました。

契約寸前で、しかも値段交渉(30万DOWN)までしてくれたMR社のT氏には、本当にごめんなさいでしたが…。

ちなみに御断りの電話を入れた際、今まで対応の良かったT氏が一気に態度が変わり、「はぁへぇはぁ」と不機嫌そうな声しか出さなくなってしまったそうで…。

このブログでは書いたことはありませんでしたが、他社の営業の女性なんかは、「他社で決めちゃったから」と断った際、「理想の家が見つかったんですね!それはよかったですね!マンション売却の際にまた機会があれば、ぜひまたお声がけくださいね^^」ととっても素敵な返答をしてくれたので、比較するとやっぱりがっかりしちゃいます。でも、断ったのはこちらですし、仕方ないですね。

MR社の中古物件も断って、また心機一転。新しい物件を探しが始まりました。

でも、ふと気が付いたのです。
MR社が紹介してくれた中古物件の住所付近で新築が建っていることが。しかも、その新築情報を見てみると、私たちの希望予算以内で買える新築物件もいっぱいあったのです(@@)!

私「ねぇ、パパさん…この新築見てみて…。私たちが最初に見た中古物件と似たような金額で、新築が買えるみたいだよ、このあたり…。

中古で安く買えたらと思ったけど、このあたりだと新築でも安いんだね。今の住まいの戸建てだと、庭もないのに3000万以上するのに…想定外だった。 」

旦那「え?しかも、125坪?法地もあるみたいだけど、広いね。崖条例とかにひっかからないのかな?安すぎてそこが心配だなぁ」

私「でも、この物件あたりはURが開発した土地みたい。新築だったら、リノベやリフォームは必要ないし、すぐ修繕費用がかかる心配もないんじゃないかな?欠陥住宅とかに当たったら違うけど …。新築も視野にいれてみない?」

身の丈にあったローンしか組まない予定でしたので、新築などは視野に入れていなかった私たち。
でも、まわりを見渡してみたら、意外にもローコスト住宅ってあるんですね。

早速、物件をだしている不動産会社へ、メールでアポイントを取りました。

続きはこちら初めての新築物件 内覧へ

Pin it

てと子と申します~♪ 主人が地方出身者で、いつか生まれ育った土地に戻りたいとの希望で、都心から引っ越すことになりました。田舎暮らしの家選びから庭づくり、家庭菜園までお話しできたらと思います。

Website: http://www.nettaigyo.japanasia.tokyo/

Back to top